顔汗の対策ができました

顔汗の対策が上手くいかず悩んでいました。

顔汗の対策

 

顔汗の対策が上手くできず悩んでいました。ストレスが原因なのかわかりませんが、20代の後半から顎から垂れるぐらい顔汗が出るようになりました。

 

他には汗はかかないのに、顔汗だけが沢山出ました。私の顔の汗を見て周囲も驚くので、恥ずかしくてだんだんと人目が気になるようになりました。

 

顔汗対策はハンカチで抑えるぐらいのことでした。制汗剤といっても、顔用でもない制汗スプレーを使うなんてできません。

 

制汗シートだって、化粧崩れを起こすは顔がヒリヒリするわで困りました。

 

私の顔汗を見ると、営業先の方が具合でも悪いのじゃないの?と心配してくださいました。おでこに貼りついた前髪も化粧崩もとても嫌でした。

 

顔は人の印象を大きく左右するものですよね。鏡見るたび「うっそー!」って感じで、顔の化粧が崩れて酷かったので、トイレに行くふりをしてたびたび化粧直しをしてたんです。

 

顔汗で大事な仕事に集中できずに困ってたんですが、ある方法を試してからは顔汗を止める事ができるようになりました。

 

なぜ顔だけに汗をかくのでしょうか

 

顔汗対策がわからない

もちろん顔汗が酷い原因には、病気もあります。例えば甲状腺の病気のバセドー氏病でも顔から汗がたくさん出ます。でも多くの場合、顔汗が出ると言っても、そういった病気は珍しいんです。

 

それから、緊張すると手に汗をかくことは良く経験することですよね。緊張で交感神経が刺激されるので、顔汗が多くなります。薬で顔汗を止めることもできると知っても、副作用が怖いので飲まなかったです。

 

副作用のない制汗剤

 

 

顔汗がとまらない

制汗剤を選ぶ時には、汗の出る汗腺に栓をしないものがいいです。栓をするタイプの制汗剤だと、たくさん汗が出ると、栓が外れて汗が勢いよく出てしまいます。そんな制汗剤はイヤですよね(笑)

 

栓をするんじゃなくて、汗腺に働きかけて汗の量をコントロールする制汗剤を選べば良いんです。

 

女の場合化粧をするので、化粧の上からすぐに使えるものじゃないと役に立たないし、顔は皮膚が薄くて敏感なので肌に優しいものじゃないと怖くて使えませんね。

 

汗を抑えると健康に悪いんじゃないの?と考えたけど、顔以外から十分に汗が出るから心配はありません。

 

 

顔汗専用の制汗剤ができたんです

 

顔に優しい副作用の無い制汗剤を探してたのに、まだ顔専用の制汗剤がなかったんです。

 

でもあるとき日本で初めての顔用制汗ジェルクリームサラフェが発売されたんです。

 

サラフェは天然の美容成分を沢山使った無添加で肌に優しいものでした。

 

サラフェ

 

サラフェは美白クリームがベースになっていて化粧の下地にも使えるので、化粧の上から塗れるという使い勝手の良さがあります。

 

でも、期待とは別に結構なお値段だと知って、ためらってしまいました。高くて効果がなかったら損ですからね。

 

最後は60日間返金保証が背中を押してくれたので注文ができました。

 

3か月間サラフェを使ってみた感想

 

サラフェ

サラフェが届いた次の日の朝、期待でドキドキしながら塗りました。小豆大のクリームを人差し指に取りだして塗ると、スーッと伸びが良くて塗りやすかったです。朝の忙しい時間に余計な時間をとられないのは大きなメリットですね。

 

顔汗については、使ったその日は、いつもより顔汗が少ないかなと感じたぐらいでした。

 

3〜4日目には、朝塗るとお昼ごろまではそのままで大丈夫になりました。気持ちも少し余裕ができて、落ち着いてきました。

 

営業先からも「おやっ、最近汗が出ないんだね。」と言われるようになったんです。

 

1か月たつと、営業のない日は夕方まで塗りなおさなくても良くなりました。3か月使うと、顔汗で悩むことは無くなりもう手放せません。

 

気持ちに余裕が出てきて、営業に行っても顔汗のことを忘れてることもあります。美白クリームがベースになっているので、顔の色が白くてしっとりしてきました。

 

>>顔用制汗ジェルクリームなら【サラフェ】